歯科塾YOBOU|知識を与え、病気を防ぐ「与防歯科」を学び広めるスタディーグループ

患者・歯科衛生士・歯科医院
すべての満足度が高まるノウハウ『与防』
を学べるスタディグループです
  • ・歯科塾YOBOU・お問い合わせ
  • ・歯科塾YOBOU・メニュー
NEWS

あなたの歯科医院もYOBOU(与防)を始めませんか?

あなたの歯科医院もYOBOU(与防)を始めませんか?

NEWS

歯科医師の皆さん、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

スタディグループ
「歯科塾YOBOU」
で学べること

Our service

歯科塾YOBOUの特徴1
歯科塾YOBOU

歯周初期治療だけで毎月850人以上来院する

若松歯科医院のノウハウ『与防歯科』を学べる

歯科塾YOBOUの塾長・小島が院長を務める若松歯科医院では毎月850人以上の患者さんが歯周初期治療だけで来院します。
若松歯科医院で行っていることは「疾患を予め防ぐ」のではなく「知識を与えて疾患を防ぐ=与防歯科」。歯科塾YOBOUではその「与防歯科」の考えの下、オリジナルのツールを使って歯周初期治療の満足度アップを目指していくスタディーグループです。
>>歯科塾YOBOUとは?
>>オリジナルツールとは?

歯科塾YOBOUの特徴2
歯科塾YOBOU

若松歯科医院で実際に使用している

YOBOU(与防)コンテンツを利用した
歯科医院運用のアドバイスをします

歯科塾YOBOUが提案する方法では「患者さんと長期的な関係を構築すること」を目指しています。
しかし、誰かが我慢を強いられる関係は長続きしません。ゆえに、歯科塾YOBOUは次の3方良しの考えで取り組んでいます。

①患者さんにとって
美容院よりもお財布にやさしい価格で生涯利用費をへらしつつ、お口の健康を守ることができます。

②歯科医院にとって
長期的に良好な関係を構築するため患者生涯価値の増加、材料費が安いことから治療のコスト削減が見込めます。

③Drや衛生士にとって
新人衛生士を即戦力に育てやすくなり、話のネタ探しにも困りません。また、患者さんの口の中がきれいだと日々の診療がとても楽になり、患者さんの笑顔が多くなります。

もちろん初めから上手く行く医院ばかりではありません。
塾長・小島が先生と話し合いながら、アドバイスさせていただくこともできます。
>>歯科塾YOBOUのサービス紹介

歯科塾YOBOUの特徴3
歯科塾YOBOU

歯科衛生士主体で患者さんとコミュニケーションを取るツール

『イントロ・インスト』が使えます

歯科塾YOBOUで用意しているオリジナルツールのなかに患者さんとのコミュニケーションツールの紙芝居があります。
実はこの紙芝居が「与防歯科」の最重要ポイントであり、患者さんがご自身の意思で来院するきっかけになるのです。
そして、歯科衛生士が提供するサービスクオリティを高め、均一化できることはもちろん、新人衛生士が即戦力になるまでの教育がとても楽になります
現在は40を超える豊富なコンテンツがあり、今後も追加していきます。
>>歯科塾YOBOUのコンテンツのご紹介

塾長あいさつ

Greeting

歯科塾YOBOU・塾長 小島 理史

歯科塾YOBOUのページをご覧いただきありがとうございます。
当塾は、先生方に慣れ親しみのある「スタディーグループ」という表記をしていますが、実際はちょっと違うかもしれません。
もちろん、YOBOUについて学び、話し合うこともします。しかし、一番大切なことは「リーダーである院長先生が主体的になって実践する」ことだと考えています。

今でこそ予防歯科という言葉は浸透してきていますが、まだまだ実践することとしての浸透はしていないかと思います。
今でこそ月850人の患者さんが根付く若松歯科医院でも、ここまで来るには20年以上の時間がかかりました。
うちでは無理だろう……と思われる先生もいらっしゃるかもしれません。
ですが、実際に取り組んできた実感として定着した患者さんは月の3割程度です。
一朝一夕でできる内容ではありませんが、取り組む価値は十分に高いのです。
だからこそ、気づいたときに始めることが一番です。

同じ志を持った先生とは、細くとも長いおつきあいをしたいと考え、月1万円ととても安くコンテンツを提供しております。
迷っている先生がいたら、一度私とお話ししてみませんか?
もちろん、強要したりすることはありません。始めるか始めないかは先生が決めるものです。
もし、YOBOUを一緒に広めてくれる先生がいましたら、ぜひ私たちと一緒に、歯科から日本を元気にしていきましょう。

歯科塾YOBOU 塾長:小島 理史
(こじま まさし)
歯科塾YOBOU